ニュース一覧

借金で悩んだ時の対処法

弁護士

弁護士に相談しよう

現在の日本では大企業に就職したからといって終身雇用が約束されているとは言えず、転職を繰り返す人も増えてきているといわれています。そのため、収入に関しても年功序列で安定した右肩上がりとはいかず、リストラや転職によって収入が大きく減少するケースも少なくないといえます。年収が減少した際も急に生活に係る各種費用や生活レベルを急に引き下げることは困難なため、一時的な生活費の補てん等としてキャッシングやカードローンを利用するケースも少なくないといわれています。しかし、一時的な利用のつもりがいつの間にか借入額が膨らみ、多重債務状態となって自力での完済の道筋をつけるのが困難となってしまうケースも多々見受けられます。カードローンや住宅ローンなど、借金返済に行き詰っているのであれば、債務整理問題の実績が豊富な弁護士に相談してみるのがよいといえます。債務整理には任意整理や民事再生、自己破産といった方法があります。民事再生と自己破産は裁判所での手続きが必要となりますが、任意整理は裁判所での手続き不要で債権者との協議のみで行うことができます。しかし、個人で消費者金融などの債権者に相談しても任意整理に応じて貰うことは困難なので、任意整理についても弁護士などの専門家に依頼することが必須といえます。弁護士への相談というと費用を心配して相談をためらう人も少なくないといわれています。自治体などが実施している弁護士相談を利用すれば、相談費用がかからずに弁護士に相談することができます。また、一括での支払いでなく費用の分割払いの相談に乗ってくれる弁護士事務所も多数存在しますので、まずは一度相談だけでもしてみるのがよいといえます。

Copyright© 2018 任意整理で借金負担を軽減【安価な費用で依頼できる】 All Rights Reserved.