ニュース一覧

どんなお金がかかるか

説明

着手金と報酬金

借金の減額、利息の免除ができる任意整理、弁護士または司法書士に依頼をするのが多いのですが、どれだけお金がかかるのが、どんな費用がかかるのかです。任意整理にかかる費用とは、着手金と報酬金があります。相談料をとる法律事務所もありますが、そういった事務所はあまり債務整理に関しては強くないケースがあります。借金問題を専門に受け付けて、コールセンターも無料で通話できるところであれば、相談料も無料であるのが当たり前です。任意整理の相談をするなら、相談費用無料の法律事務所を選ぶことが大前提です。任意性にかかる費用、着手金とは弁護士に正式に依頼をした段階かかるお金です。1社当たり3万円〜5万円程度が相場となっています。着手金は1社当たりなので、整理をする借入先が多ければそれだけ着手金も積み重なっていきます。これだと多重債務者の方は、着手金だけで高額な費用となるので法律事務所によっては3社目以降は本来3万円の所を1万円にするといったところもあります。そして、報酬金です。借金の減額または利息の免除をすることができた場合に、基本報酬または解決報酬という名目のお金が発生します。1社当たり1万円〜2万円が相場となっています。また、減額報酬といってその経済的利益に対して10%を乗じた金額がかかります。100万円減額することができたら10%の10万円が減額報酬となります。着手金は着手月から発生するので、一括が難しい場合は分割対応している事務所を選びます。

Copyright© 2018 任意整理で借金負担を軽減【安価な費用で依頼できる】 All Rights Reserved.