ニュース一覧

天秤

借金を相談する

弁護士を選ぶ場合は、弁護士の評判や依頼する時の費用、自分との相性の他、借金問題が専門かどうかも確認が必要です。特に費用面は任意整理をする際などで、弁護士によって大きく違いますので、比較する事が大切です

弁護士バッジ

司法書士に依頼する

任意整理の費用を安く抑えるには、弁護士ではなく司法書士に依頼することです。安いメリットはあるのですが、取り扱える債権額に制限があったり、任意整理で解決できないと他の債務整理を検討することになるので、余計に費用がかかってしまうことがあります。

ジャッジガベル

どれだけ負担が減るか

任意整理をする弁護士事務所を選ぶ場合、無料相談なところを選びます。単純に債務整理の仕組みや料金説明だけでなく、無料シミュレーションをしてくれどれぐらい減額できるか、弁護士費用を含めてもメリットがあるか無料でできるところを選びます。

説明

どんなお金がかかるか

任意整理の手続きを弁護士に依頼すると、費用が発生します。発生する費用としては、着手した段階で発生する着手金、そして報酬金です。報酬金は、借金または利息免除に成功した場合に払う成功報酬、そしてその経済的利益に対して10%程度かかる減額報酬があります。

弁護士

借金で悩んだ時の対処法

借金問題に行き詰り、任意整理や自己破産といった債務整理を検討しているのであれば、早めに弁護士に相談してみるのがよいといえます。債務整理には一定の費用がかかりますが、弁護士事務所によっては分割払いなどの相談に乗ってくれるケースもあります。

返済の負担を減らす

スーツの女性

安く抑える方法

任意整理とは、貸金業者を今後の返済について交渉をすることで、返済負担をこれまでより減らすための手続きです。利息と遅延損害金をかからないようにして、原則3年以内の返済期間でまとめるのが一般的です。過払い金があれば、その分減額させることができます。裁判所を通さないので、裁判費用がかからず手続きができます。任意整理の費用相場としては、着手金が安いところで1万5000円〜で高くても5万円未満となっています。1社ごとにかかります。基本報酬は、和解に成功した場合に支払う費用で1社当たり2万円が相場となっています。減額報酬は、実際にどれぐらい減額できたか、その減額できた金額に対して10%が相場です。任意整理の費用を安く抑えるためには、弁護士に頼まず自分で交渉を行うことです。ところが、自分で行うには各債権者から取引履歴を取り寄せて1社ずつ引き直し計算、各社ごとに書面の作成、交渉をしなければならないので膨大な時間がかかってしまいます。素人だと引き直し計算が間違っていたり、交渉に失敗することもあります。それであれば、専門家に依頼をしたほうがよいです。任意整理は、相談料が無料な法律事務所を選ぶことです。費用をかけずに相談することで、最適な債務整理の方法をアドバイスしてもらうことができます。その他の方法としては、司法書士に依頼することです。弁護士に依頼するよりも安価な費用で依頼できます。ただし、司法書士は扱える債権額が決められていますので注意が必要です。

Copyright© 2018 任意整理で借金負担を軽減【安価な費用で依頼できる】 All Rights Reserved.